弁護士への着手金

弁護士まず弁護士に相談するところから始まります。
初回は無料相談をしているところもあるので、費用を抑えたい場合は無料相談を利用してみましょう。
相談はあくまでも話を聞き、簡単な質問に答えてくれるだけですから、この時点ではまだ契約は成立していません。
話を聞き納得できて初めて正式に依頼となります。

弁護士に依頼することが正式に決まった時に、着手金を支払います。弁護士は着手金を支払ってからでないと動いてくれません。着手金をいくら支払えばいいかについては、慰謝料や損害賠償の金額で変わってきますので、実際に話をしてみないとわかりません

弁護士の報酬は、加害者から支払われる慰謝料や侵害賠償の額によって変わります。そのうちの何%を着手金として最初に支払う、全て終わった段階で慰謝料や損害賠償の額の何%を報酬として支払うと決まっているので、金額は弁護士ごとに変わってきます。

最近は初回の無料相談だけでなく、着手金も0円で対応する弁護士もいますので、経済的な余裕がない人でも、着手金0円の弁護士を探せば、泣き寝入りせずに済みます。相談料と着手金0円を売りにする弁護士は増えていますし、ネットでも探せるので根気よく探してみてください。