交通事故で弁護士をたてる

被害者交通事故は自分が注意していても、被害者になる可能性はゼロではありません。
事故に遭って怪我をしてしまったら治療が必要ですし、怪我の状態によっては弁護士を立て損害賠償を請求することになるかもしれません。
一般的に、弁護士に相談したり依頼したりする場合には、高い費用がかかるというイメージがあります。

事故の被害に遭ったのに経済的な余裕がないという場合、弁護士を立てたくても費用が支払えないので依頼できず泣き寝入りしなければいけないのでしょうか?
弁護士に依頼する場合は、確かに費用がかかりますが最初に一括で支払うわけではありません。
今は初回の相談のみ無料で受け付けている弁護士もいますし、依頼することになってもとりあえず着手金としていくらか収め、支払いは全て済んでからとなるので、慰謝料を請求する場合は、その慰謝料で弁護士費用を支払うということもできます

弁護士への報酬は、弁護士による違いもありますから、一律いくらとは決まっていません。着手金も弁護士によって変わってきますので、とりあえず初回の無料相談だけでも受けてみるといいかもしれません。交通事故の話し合いは、素人では難しい部分も多いですし、被害者であっても、加害者側が弁護士を立ててきたら素人では太刀打ちできませんので、こちらも弁護士に依頼することになります。

弁護士に依頼することになった場合、着手金はいくらくらいかかるのか、どのようにして支払えばいいのかを紹介します。