加害者に費用を請求できる?

車にひかれる交通事故の被害に遭ってしまい、弁護士を立てることになったら、弁護士費用は自腹になるというのが一般的なイメージです。
しかし場合によっては、加害者側に弁護士費用を請求できることがあることはあまり知られていません。

一般的には車を運転するにあたり、保険に加入します。
自賠責保険の他に任意保険もありますが、自賠責保険では限界があるのでほとんどの人は任意保険に加入します。
交通事故の被害に遭った場合、保険会社に連絡をして加害者側と被害者側の保険担当者が示談交渉をするのが一般的です。示談が成立しない場合は、裁判外紛争処理という方法もありますが、それでも解決しない場合に裁判に持ち込みます。

示談と裁判外紛争処理では、加害者に弁護士費用の請求はできませんが、裁判になった場合は、任意保険のオプションで弁護士特約があってもなくても、弁護士費用を加害者に請求することができます。弁護士特約がある場合は、被害者は自分の保険会社と加害者の保険会社の両方に弁護士費用の請求が可能となります。
裁判に持ち込んだ場合のみですが、もしも裁判になったら多額の費用がかかります。しかし加害者と加害者が加入している保険会社にも請求できるなら安心です。