弁護士相談の相場はどのくらい?

お金着手金を支払うかどうかは、弁護士による違いもありますが、弁護士の報酬や着手金については、一応相場があります。
相場については、多くの弁護士が所属している日弁連(日本弁護士連合会)が定めた、旧報酬規程を元にされることが多いようです。
既に廃止されている規程です。旧報酬規程は、独占禁止法に触れることから廃止されたのですが、実際には未だに旧報酬規程が活用されている状態です。

旧報酬規程では、慰謝料や損害賠償で受け取る最終的な金額が300万円以下の場合は、着手金8%、報酬16%となっています。300万円以上になると、%も増えさらにプラスアルファでいくらか上乗せされるようになっています。当然最終的に受け取る金額が多いほど、着手金も報酬も多くなります。

着手金が幾らになるかはケースにより違いますので、中には金額が大きくなると着手金が支払えないということも出てきます。最近は着手金なしで依頼を受ける交通事故弁護士も増えており、大半が相談料と着手金を0円とするようになっています。
報酬には基礎着手金なども含まれますが、慰謝料や損害賠償から差し引かれるので、以前に比べて弁護士を立てやすくなっている傾向があります。今はスマホやSNSからの相談も可能です。